必要不可欠な存在

冷蔵庫やテレビ、パソコン、照明など家中のあらゆる電化製品が使用できなくなれば、毎日の暮らしが成り立たなくなってしまうことでしょう。もしも停電してしまったら、速やかに専門業者を呼んで原因を究明してもらうことが大切です。早急に元気が復活するためにどうすれば良いのかを教えてくれますし、ブレーカー交換などの施工も受けてくれるでしょう。

家庭で起こり得る電気トラブル一例

  • 自然災害による停電
  • 老朽化による停電
  • 漏電ブレーカーが上がらなくなる
  • ブレーカーが落ちやすくなる
  • 電気料金が異常に高額になっている
  • 感電する
  • 火花が散る
  • 部分的に電気が使用できない
  • 段階的に電気が使用できない
  • 時間によって電気使用に問題がある

スムーズにブレーカーを交換して安心の生活を取り戻そう

作業員

漏電の疑いがあればすぐに相談!

電気系のトラブルで怖いものが漏電です。漏電することで死亡事故や、火災になることがあります。大変危険ですので、漏電ブレーカーなどの異常を発見したら、すぐに専門業者に調査してもらうことが肝心です。

老朽化は避けられない

また一般的なブレーカーに関しても老朽化は起こる問題です。劣化などダメージを受けることによって、正常に機能しなくなることがあります。10~15年をめどに交換を考えるようにしたいものです。交換費用は器機や業者によっても異なりますが、約2万円が目安となるでしょう。

メンテナンスが大切

定期的に点検をしてもらってメンテナンスをすることで、安全に電気を使っていくことができます。重大な事故に繋がる危険性もありますので、プロに見てもらうだけでも大きな安心感が生まれることでしょう。相談しやすい業者を見つけて依頼するといいです。

ブレーカーが落ちる原因の代表例

消費電力が大きい

電化製品によって消費電力は大きく変動します。一度に消費する電力量が過剰であれば、ブレーカーは落ちます。

契約アンペアが合っていない

家庭によって契約しているアンペア数がマッチしていないことでも、落ちやすくなります。

漏電

漏電ブレーカーが上がらなくなった場合は、漏電の可能性が高いですので至急業者に連絡します。

広告募集中